【本気で集中力を伸ばしたい人向け】モチベーションを上げるそのやり方とは!?

学生

シノ
シノ
毎回続かなくて三日坊主になってしまう…
今回の記事はこんな人にオススメ
  • 毎回決めたこと続かない
  • 三日坊主にもならない
  • モチベーションの上げる方法を知りたい

目次

  • 続かない理由をこれだ!
  • モチベーションの上げ方
  • 考え方を変える

続かない理由はこれだ!

やると決めたのに続かない理由はこれです。

「本当にやるべき事ではない」

と思っているからです。

なぜそうなってしまうのか?

これは簡単です。

人間は本能的に長生きしようとします

そうすると体に負担をかけたくないわけです。

「体にストレスを与えないようになっている」

細胞レベルで体がこうなっているからです。

継続をする!と決めたことって

「早起きする」「勉強する」「筋トレする」

やろうと思わないとやらないようなことばかりですよね。

つまりもうストレスを与えてしまっているのですね~

モチベーションの上げ方

たくさんの方がいる中で「これだ!」という絶対的なものはありませんが自分がやっている方法を紹介して実践方法も教えます。

  • 紙に書く
  • 休息を取る
  • 音楽を聴きながら散歩する

紙に書く

これは

「達成感を倍に感じさせる方法」

です。

大変なことだったり難しいことだったりをこなした時って達成感を感じますよね?

それで頑張ろう!となったりしますよね。

この時の達成感をもっと感じることが出来ればもっとモチベーションが上がるとを思いませんか?

それが「紙に書く」です。

「人間は目に見えない何かより目に見える何かの方が好き」

達成感って感じるけど形として見えませんよね。

つまり達成感を感じたら紙に箇条書きにして書いていくのです。

近年はスマホの普及により紙がなくてもスマホに入っているメモ帳で書くこともできます。

こうすることによって達成感を目で見て感じることができます。

休息を取る

これは

「集中をいったん遮断」

です。

集中力を伸ばすのになぜ遮断?

子どもの集中力は「約30分」

大人の集中力は「約40分~50分」

これは人間の集中できるだいたいの時間です。

これを見ると集中できる時間であって一番作業が捗るのは

子ども「15分」

大人「20分」

です。

この作業が捗る時間を増やすためには

「一回集中を切ってしまえばいい」

そうすると一回脳がリセットされます。

なので休息を取ってからまた集中することによって一番動く時間帯を継続させられます。

音楽を聴きながら散歩する

これは

「脳を集中させる準備」

だと思ってください。

音楽を聴く⇒心が気持ちよくなる

歩く⇒運動する

好きな音楽を聴くことによって気持ちを高ぶらせ歩くという運動で外の日光に当たりながら脳が活性化されるのです

人間の体は面白くて

好きなことして体を動かしてしまえば、そのあとの行動が比較的動きやすいんです。

つまりこれを利用して、

集中したいことの前に行い集中できる環境を自分で作っていけばいいんです

考え方を変える

とても重要で一番実行しやすいことです。

シノ
シノ
布団から出たくない、作業が大変で嫌だ。。。

これって頭が動きたくないモードです。

考え方を変えるとは「司令塔である脳を動かす」ということです。

考え方としては

「できる範囲の一番理想なことを考える」です。

ここで重要なのができる範囲です。

出来ない範囲に入ってしまうと逆効果でやる気が出なくなってしまいます。

大変なことほどやりたくないと考えるので出来ない範囲で考えてしまう傾向が強いです。(経験談)

 

最後に

モチベーションの上げ方を知っているほど集中力も比例して上がっていきます。

これ知っているか知らないかで人生の半分を損するかしないか決まるぐらいだと思っています。

頑張ってください!

今回はの記事はこれで以上になります。

「鬼アクティブ高校生」という肩書でツイッターとブログでどんどん有益な情報を発信していきます。

良かったらツイッターのフォローよろしくお願いします。

人生直線はダメ!

ツイッターはここだよ!フォローよろしく!

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました