【学生必見】偏差値を上げる方法と定期テストで高得点を取る方法!

学生

「今回のテストやばい!」「来月模試だ」「赤点量産しちゃう泣」
 きっとこの記事を見ているということは…
「定期テスト」「偏差値上げる」「高校生 偏差値」
などピンチな方やがんばりたい方が来てくれていると思います
安心してください!全て教えます
主は今は偏差値51しかありません。え?と思われるかもしれません。なぜなら勉強をやめてしまったからです。しかしこの方法で学年真ん中からトップ15に入りました。偏差値は48⇒61にあげられました。
今回の記事はこんな人にオススメ!
  • 偏差値を上げたい
  • 定期テストで赤点回避したい
  • 定期テストで高得点とってマウントを取りたい
  • 今年は受験生

目次

  1. 偏差値を上げる方法と定期テストで高得点は別物
  2. 偏差値を上げる方法
  3. 定期テストで高得点とる方法
  4. 勉強方法(5科目別)

 

1.偏差値を上げる方法と定期テストで高得点は別物

最初にこれだけは言わせてください
「偏差値」と「定期テスト」は「日本」と「アメリカ」のようにまったく別だと思ってください
例えが浮かばなく日本とアメリカで置き換えました、要はそれぐらい違うと思ってい頂ければいいです
一言で言ってしまうと
偏差値⇒基礎  定期テスト⇒暗記
詳しく解説していきます

2.偏差値を上げる方法

偏差値が65oevrの方は頭がもう違うと思っているので多分参考にはならないと思います

偏差値別に勉強方法を教えます(科目別に教えるのは定期テストの方で紹介します)

偏差値・30~40

ここら辺の方はバク上げ可能です。中学1年生の文法と中学2年生の単語を覚えてください

「は?なめてんの」

なめてません。30~40の方は基礎を勉強するための知識がない状態です。

つまり大げさに言ってしまうと

「A」「B」「C」読み方は「エー」「ビー」「シー」ですよね。

もしこれが読めなかったとしましょう。

「apple」読み方は「アップル」ですがこれも読めませんよね?

「apple」が基礎だ!とは言いませんが誰もが一度は見たことがあるでしょう。

なので最初に中学1年生の文法を勉強して中学2年生までの単語を勉強しましょう。

※単語から勉強した方が文法を勉強するときに例文を読みやすくなります。

偏差値・40~50

この辺はまだバク上げ可能です。ここまでくると基礎を一通り目を通した感じです。

どういう事かと言うと

これも大げさすぎる感じに言います。

「2×4=8」「4×2=8」

計算はできる、しかし

「2が4つあるから答え8」「4が2つあるから答え8」

式の意味が理解できていないという状態です。

問題文の意味が理解できていない場合が多いです(自分がそうでした)

なのでまず国語の長文を読んでください

「読んで内容分かっても問題文関係ないじゃんwwww」

いえ、関係あります。

問題を読むときに自然と脳が理解しようと勝手に動いてわかるようになります

なるはずです

偏差値・50~60

ここが一番上がりにくいです

なぜなら「基礎で抜けている(あやふやな所)ところを探して説明できるようにしないといない」

からです

大げさに言います

偏差値が出るテストって問題形式がだいたい決まってますよね?

最初に計算して後半はグラフだ!とか

「毎回とれている問題は必ず正解してさらに毎回できない所を1問以上正解いないといけない」

ということです。

「そんなのわかってる、でもあがらない」

これを思っている人は点数が返ってきたときに、どこを間違えて間違えたところの解き直しをしていないと思います。

この作業が一番偏差値を上げる方法ですが、一番めんどくさいです。なぜなら…

「どうせ次この問題は多分でない」

確かに次は出ない可能性が高いですよ?しかしあなたは次がラストのテストですか?

それなら構いませんがほとんど人がそんなわけがないと思います。

間違える=わかっていない⇒裏を返せばわからない場所を探す作業が減る

こんな楽なことはありません。必ず毎回解き直しをしてください

偏差値・60~70
ここまでくると正直自分の勉強方法がだいたいの人は確立していると思うのであくまで参考として聞いていただけたらと思います。
このあたりの人は(自分は61以上の領域に行ったことがありません。5科目平均で)
とにかく「応用問題の知識を広げてください」
つまり、ほかの人より「俺この問題わかるよ」と自慢できるぐらいです。
強いて言うのであれば「教科書の問題は全て時間がかかってもいいので答えを見ないで解けるようにする」
だと思います

3.定期テストで高得点を取る方法

高得点と言いましたが赤点回避でも参考にできます

まずイメージが大切です。

赤点回避または高得点とった時のイメージです。

もう一つは、勉強時間の割り振りです

1日にすべての科目を並行して勉強するか一教科ごとに勉強するかです。

(自分は1日に一つにしています)

4.勉強方法(5科目別)

今回は5科目をメインに話していきます。

と言っても定期テストは全科目「暗記科目」です

  • 数学
  • 国語
  • 社会(世界史、地理、公民)
  • 英語
  • 理科
数学
1.授業中に学んだ公式を暗記する←ここで暗記すれば解けます
2.範囲の問題を一周する
3.ワークを解く
国語
1.ノートに書いた問題を一通り暗記する(暗記しなくて問題をなんとなく把握する)
2.テスト範囲の長文を読む
3.テスト前に配布されるプリント等あったら暗記する(出る確率が高い)
社会
1.授業中に黒板に書かれえた単語を覚える(単語だけでも授業中に紙かなんかに書いておく)
2.単語を口ずさむ
社会はほんとに単語を暗記したら勝ちです
英語

1.範囲の教科書の英文を読んで日本語で内容がわかるようにする

2.英文の横にある問題を解く(答えを暗記する)

3.範囲の単語覚える

理科
1.教科書の太字覚える(なんとなくでOK、漢字は書けるようにする)
2.物理の場合、数学と同様に範囲の公式を覚える(問題も1問2問覚えておく)
最後に

偏差値はすぐには上げることは大変です。しかし、定期テストはほんとになんとかなります!

とにかく書いたことを意識してみてください

気づいた時には変わっていると思いますよ

 

今回は以上になります。

現役高校生が経験したことをばしばし発信しています!

よかったらツイッターのフォローよろしくお願いします

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました