【商業系の進路】商業高校にはいることについて

学生

「進路に悩んでる」「普通科以外よくわからない」「商業って何するの?」

進路で悩んでいる方はこの記事を最後まで読んでみてください。

必ずわかるようになります。

きっと

「商業高校」「商学部」「経済学部」「経営学部」

こんな感じで検索してこの記事を見ているということはラッキーですね

なんでかって?もう検索しなくても10分後ぐらいにはわかっているので!

この記事はこんな人にオススメ
  • 進路関係で悩んでいる
  • 商業系の道に進もうとしている
  • 普通科には入らない

目次

・商業科とは?

・普通科と商業科で違うところ

・卒業後の進路

・向いている人

・最後に

商業科とは

商業科とは「簿記」「マーケティング」「情報系」…etc

などの科目を学びます

「簿記」とは

簡単に言ってしまうと

企業のお金の管理を記録するということです。

学校の授業では定取得を目指すので毎時間、検定に向けての授業ということになります

もちろん検定に受からせるだけでなくしっかり原理であったり知識も教えてくれます

「マーケティング」とは

簡単に言ってしまうと

商品をいかにどうすれば売れるかなどです

他にも意味はあるのですがわかりやすく一言で表すとこんな感じです。

こちらも検定があり毎時間、検定に向けての授業になります。

マーケティングは選択科目なため必ずしも商業科に入ったからといって勉強するわけではありません。

「情報系」とは

こちらはPCソフト「excel」「word」の使い方を学びます。

「これは何に使うの?」

こちらのソフトは社会人になってからデスクワークの職業に就いた場合ほとんどが使うソフトになっています。

会社の資料作成や会議の発表などに使います

こちらも検定があります

普通科と商業科で違うところ

①普通科に簿記はない

②授業数が普通科の方が多い(普通科目)

③検定をいっぱい受ける

普通科に簿記はない

当たり前ですが簿記という科目は商業系限定となります。

普通科は就職ではなく進学の方が多いので

授業数が普通科の方が多い(普通科目)

例えばなんですが数学の場合です

普通科だと週に4時間や5時間ですが

商業科だと週に3時間程度です。その代わりに商業系科目を勉強します

体育なども普通科より週の時間割で1時間少なかったりします。

検定をいっぱい受ける

これは普通科ではほとんどないですね。

授業で学ぶ商業系科目以外に自分で独学で検定勉強する人がたくいさんいます。

進路の時にたくさん持っている方が圧倒的に有利なので取る人が多いです。

また商業高校の特権としては、商業の科目を網羅した先生がたくさんいます

なので独学と言ってもわからない所があれば商業の先生に聞けます

商業の先生は商業系科目を一通りできるはずなので独学でも全然受かります。

部活動も特殊なものがあって検定合格を目指すより級が高い検定合格を目指す「簿記部」であったりPC関係の検定を取るところもあります

(もちろん運動部もありますし普通の文化部もあります)

卒業後の進路

就職の場合

まず100人卒業生がいた場合60人ぐらいは就職します。

商業高校はとても就職に強いです。大学進学してから就職より高卒就職の方がいいところにつける場合が多いです。

解説します↓

商業高校の場合ほとんど偏差値45~55ぐらいです。

これは商業系科目含んでの偏差値になります。

普通科目の授業日数が普通科より圧倒的に少ないです。

つまり全国模試など受けた場合、偏差値45ぐらいの普通科の人にもほとんどの人が勝てないということです。

学歴でいいところに就きたい思う方

指定校推薦で行けてmarchレベルです。(成績上位者に限る)

なので資格をたくさん取って高卒で就職の方が有利なんです。

進学する場合

ここまで話を聞くと

「じゃあ進学しないで就職の方がいいじゃん」

と思うかもしれません。

実際に学年主任だったりが就職を推してきてたりする場面もあります。

しかし大学を出ないとなれない職業もあります。企業によっては「大卒必須」のようなところもあります。

また

進学=4年制大学

ではありません。

専門学校の進学もあります。

それでも毎年受験で進学する人ももちろんいます。

もしそれで行きたいと考えている場合

こちらオススメです!



こちらタップしてもらってのぞいてみてください!

今は入試改革が行われており、呼び方違ってきたりします。
そしてだいたいは「商学部」「経済学部」「経営学部」

など商業系に進む人が大半です。

向いている人

  • 高卒で就職希望
  • 進学はするけど資格取っておきたい
  • 商業に興味がある
高卒で就職希望

これは間違いなく商業高校で決まりです

※何か作りたい場合などは工業高校が向いています

偏差値70の人が高卒でA社に入社するとします

あなたは偏差値50の商業高校から同じA者に入社するとします

偏差値70って東大目指したり、早稲田、慶応、レベルを目指す方が多いと思います。

しかし会社に入ってしまえば立場は入社当日から逆転します

なぜなら

「簿記とは」から入る人と「会社で使うものを3年間学んだ人」

いくら偏差値70あったとはいえ流石に1日2日で追いつけるわけがありません。

なので商業高校をオススメします

進学はするけど資格は取っておきたい

正直なことを言うとよほど行きたい高校に強いこだわりがなく偏差値が60ないのであれば

商業高校をオススメします

なぜなら偏差値60以下の高校で進学する場合、推薦等使わず入試で挑戦すると

行けてMARCHレベルです

MARCHとは「明治大学」「青山学院大学」「立教大学」「中央大学」「法政大学」です。

「え?マーチって高学歴じゃん?」

確かにそうです。

付属高校の偏差値はだいたい68~70oevrです

高いですよね。しかし

厳しいことを言うかもしれませんが

世の中に出ればマーチ以上なんていくらでもいます。

就職するときに他の人と学歴でしか差別化を図ることができません。

そうすると負けてしまいます

なので資格取得が多い商業高校に行きましょう

商業高校に入ったからと言って進学できないわけではありません。

しかも「成績上位」になってしまえば枠は少ないですがmarchあります

商業に興味がある

興味があるなら全然大丈夫です。

一つの選択を自分で決めることができた、という自信もつきますし、何より社会に出た時によかったなと絶対思えます。

商業高校にも色々な所にあり授業も様々で就職進学実績も全然違います。

僕の友人にも

「家の近くに商業高校があるけど就職実績を見てこっちまで来た」

という理由でわざわざ遠い方を選んできている人がいます。

なのでよく調べて進路を選んでください。

最後に

現役高校生が商業高校のことについて書きました

「資格」これは取るデメリットがないです。

「資格は一生モノです」

進路をよく考えてください。

高学歴になりたい!や偏差値を上げたい!という人は向いていないと思うので

それでしたら普通科をオススメします!

なんでこんなに詳しいかって?

商業生なので笑

 

今回はの記事はこれで以上になります

「偏差値51の高校生」という肩書でツイッターとブログでどんどん有益な情報を発信していきます。

良かったらツイッターのフォローよろしくお願いします。

人生直線はダメ!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました